シール・ラベル・名刺に関する情報満載。オリジナルステッカーもどうぞ。DESIGN STUDIO

「シール・ラベル・名刺DESIGN STUDIO」 ロゴ
HOME サイトマップ

みなさんはシール・ラベル・名刺に関してどのような知識をお持ちでしょうか?
普段私達の身の回りに溢れているシール・ラベル、名刺などには実は表面で見えていない意外な一面性を持ち合わせています。

名刺の場合だと定番なのはやはり白と黒を基調にした名刺ですが、今では単なる白黒の名刺ではなく非常にカラフルで見る人を楽しませるようなデザイン性の優れた名刺が多くあります。
また、当然シールやラベルも日々どんどん進化しています。
シール・ラベル・名刺などの各種情報がご利用頂いた方にとって有益であれば幸いです。

 

シール・ラベル・名刺に関しての各項目はページ右部からお進みください。

「シール・ラベル・名刺DESIGN STUDIO」

 

最終更新日:2014/10/1

ラベルについて知る

このページではラベルについて記載しています。

よくシールとラベルって混同されがちですが、その定義ってなんだと思いますか?

ここでは仮に、シールが粘着性のある効果性の高い広告方法用紙だと仮定すると、ラベルは一般的には箱や商品などの包装物の表面に貼る個々の製品情報及び製造者や販売店舗などを記載している物がラベルが多いとされています。 食の安全性が疑われてきた今この日本。ラベルの改ざんなどによる食品偽装事件が後を絶ちません。 以下ではごく最近の食に関する事件をいくつかピックアップしてみます。

・残留農薬の混じった輸入米(事故米)を食用に転売

・基準を超える亜硝酸根混入ソーセージ回収

・即席カップめんから防虫剤成分のパラジクロロベンゼンが検出

・ハム製造会社地下水から基準値を超えるシアン化合物検出

・中国産冷凍ギョーザから有機リン系殺虫剤「メタミドホス」検出

・中国製インゲンに基準の3万倍を超えるジクロルボスが検出

・中国における牛乳へのメラミン混入による食品被害

上記における事例はごく最近の事件に絞って記載さいました。 みなさんも記憶に新しい方も多いかと思いますが、これは2008年の一年間のみで報告された事例です。

また、 今現在では調査不測または想定外の事例によって今後新たに健康被害を及ぼす成分が検出される可能性は非常に高いといえます。 ラベルは食品表示をする上でとても大事な資料でもあります。 今後は今以上にラベルに注視していくことが大事なポイントとなるでしょう。

 

MENU
 HOME
 シール
 オリジナルシール
 ラベル
 ラベル改ざん事件
 名刺
 デザイン名刺
 管理人コラム
 サイトマップ
 お問い合わせ
notes
当管理人は「シール・ラベル・名刺DESIGN STUDIO」本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について一切の責任を負わないものとします。また、「シール・ラベル・名刺DESIGN STUDIO」本サービスのご利用は全ておいてお客様の責任において行われるものとします。

シール&ラベル.net


注目サイト


川崎の口コミで評判なパーソナルトレーニングジムおすすめランキング



最終更新日:2019/5/20